転職エージェントと志望条件を明確に共有しよう

自身の志望条件を考慮しアドバイスをしてくれる転職エージェント。

近年、求人数も多くなり転職サイトのみでの転職活動だけではなくこの転職エージェントを利用する求職者が増えています。

転職サイト自体が運営する転職エージェントもあり求職者にとって転職エージェントへの登録は必須になってきました。

そんな転職エージェントを利用した転職活動のポイントをご紹介します。

転職エージェントを利用する上で気をつけること

代表的な転職エージェントには「リクナビエージェント」「マイナビ」「doda」「ビズリーチ」「パソナキャリア」など数多くあり転職サイトと同様、扱う求人も違うため複数社に登録する方が多いと思います。

取り扱う求人数の多さが最大の武器のエージェント、高年収求人が得意なエージェントなど様々ですが、転職活動を成功させるためには自分の希望条件をぶらさないことです。

希望と違う求人が紹介されることも

転職エージェントは求人サイトと違い、エージェント側に希望条件を伝えるとその希望に合った求人を紹介してもらうこともできます。

自分から検索することなく受動的でも転職活動が成立してしまうのです。

担当になっているエージェント以外でも志望者の履歴書や職務経歴書はその社内で共有されています。

求職者の経験や職歴を活かすことが出来そうな求人であれば紹介の対象となり、求職者の志望通りの求人ではない求人が紹介されてしまう可能性があるのです。

希望条件を明確に持ち、そのような求人に惑わされないように注意をすることが大切になります。

対面での面談がベスト

また転職エージェントは多忙です。

出来るだけ電話やメールでの面談や連絡を好む傾向にありますが出来る限り対面での面談を希望するのがベストです。

そうすれば転職活動に対する意欲や希望条件が明確に伝わりやすくなり、よりこちらの意志を汲んだ求人を紹介してくれやすくなることでしょう。

エージェントにも得意不得意がある

またそうすることでエージェント側の得意不得意もわかってきます。

転職エージェントにはそれぞれ得意な分野があり、その分野の求人に特化している場合や会社として極端に地方の取り扱い求人が少なかったりと場合によっては担当を変更してもらうことや別の転職エージェント会社に乗り換える必要も出てくるでしょう。

転職エージェントを利用する上でのまとめ

自分の志望条件や転職活動の方向性を明確にし、しっかりと転職エージェントに伝えて共有することで転職活動がより効率的になり転職後の企業でのミスマッチを防ぐことにも繋がっていきます。

このことを踏まえ利用すれば転職エージェントはあなたの転職活動の強い味方になってくれることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です