転職エージェントと志望条件を明確に共有しよう

自身の志望条件を考慮しアドバイスをしてくれる転職エージェント。

近年、求人数も多くなり転職サイトのみでの転職活動だけではなくこの転職エージェントを利用する求職者が増えています。

転職サイト自体が運営する転職エージェントもあり求職者にとって転職エージェントへの登録は必須になってきました。

そんな転職エージェントを利用した転職活動のポイントをご紹介します。

転職エージェントを利用する上で気をつけること

代表的な転職エージェントには「リクナビエージェント」「マイナビ」「doda」「ビズリーチ」「パソナキャリア」など数多くあり転職サイトと同様、扱う求人も違うため複数社に登録する方が多いと思います。

取り扱う求人数の多さが最大の武器のエージェント、高年収求人が得意なエージェントなど様々ですが、転職活動を成功させるためには自分の希望条件をぶらさないことです。

希望と違う求人が紹介されることも

転職エージェントは求人サイトと違い、エージェント側に希望条件を伝えるとその希望に合った求人を紹介してもらうこともできます。

自分から検索することなく受動的でも転職活動が成立してしまうのです。

担当になっているエージェント以外でも志望者の履歴書や職務経歴書はその社内で共有されています。

求職者の経験や職歴を活かすことが出来そうな求人であれば紹介の対象となり、求職者の志望通りの求人ではない求人が紹介されてしまう可能性があるのです。

希望条件を明確に持ち、そのような求人に惑わされないように注意をすることが大切になります。

対面での面談がベスト

また転職エージェントは多忙です。

出来るだけ電話やメールでの面談や連絡を好む傾向にありますが出来る限り対面での面談を希望するのがベストです。

そうすれば転職活動に対する意欲や希望条件が明確に伝わりやすくなり、よりこちらの意志を汲んだ求人を紹介してくれやすくなることでしょう。

エージェントにも得意不得意がある

またそうすることでエージェント側の得意不得意もわかってきます。

転職エージェントにはそれぞれ得意な分野があり、その分野の求人に特化している場合や会社として極端に地方の取り扱い求人が少なかったりと場合によっては担当を変更してもらうことや別の転職エージェント会社に乗り換える必要も出てくるでしょう。

転職エージェントを利用する上でのまとめ

自分の志望条件や転職活動の方向性を明確にし、しっかりと転職エージェントに伝えて共有することで転職活動がより効率的になり転職後の企業でのミスマッチを防ぐことにも繋がっていきます。

このことを踏まえ利用すれば転職エージェントはあなたの転職活動の強い味方になってくれることでしょう。

転職活動成功への近道!見落としがちなハローワーク活用のポイント3つ

職探しといえば必ず連想される機関ハローワーク。

しかしその利用方法については知らない方も多いのではないでしょうか?

現在転職をサポートしてくれるサービスは多種多様で、ついハローワークの存在を見過ごしてしまいがちですが、活用次第では転職活動をサクサク進めることもできちゃうんです。

今回はハローワークのサービスで転職活動を行った私自身の経験も交えつつ、転職活動のためのハローワーク利用のポイントをご紹介したいと思います。

ハローワークはまず相談

まず一つ目のポイントは相談。

ハローワークで求人の相談に乗ってもらえるのは皆さんご存知かと思いますが、実はあそこにいる相談員の人たち意外とどんな相談にも乗ってくれるんです。

私の経験から具体例を挙げると、転職したい職種や業界についてから、応募書類の添削、転職に必要な資格についてまで。

パッと思いつくだけでもこれだけのものが挙げられます。

気になる事や不安なことがあればガンガン相談してみていいと思います。

いつ相談しに行くのがベストか

ちなみにこちらの相談窓口混雑していない午前中に可能であれば出向いてみるのがおすすめ。

じっくり話を聞いてもらえますし、ベテランの人を回してもらえる可能性もあります。

また担当者制予約相談といって担当者がついてサポートしてくれるサービスもあり、じっくりサポートを受けたいという人にはこちらもおすすめです。

私はこれを使って転職活動を進めたのですが、単発の相談よりしっかり相談に乗ってもらうことができとてもよかったです。

実は役立つ無料セミナー

二つ目のポイントはセミナーを使いこなすこと。

ハローワークでは常に就職活動に関する様々なセミナーが行われており、もちろん無料で利用できます。

内容としては応募書類の書き方や面接のマナーなど。内容はザっと概要をさらうものが多いですが転職活動の序盤戦で「あれ?あのマナー、あの書式どうだったけ?」とおさらいしたい時には最適。

うまく利用すれば転職活動に必要な知識がサクッと手に入るでしょう。

チラシや冊子の情報もしっかり活用しよう

ラスト、三つ目のポイントはチラシや冊子をバカにしない。

つい受け取ったら捨ててしまいがちなチラシや冊子類ですが、バカにしてはいけません。

ハローワークのチラシや冊子には企業説明会のお知らせやセミナーの日程など転職活動にとって欲しい情報が載っていることが多いんです。

ネットがあるのでは?と思う人も多いかもしれませんが、ネットでは見つかりにくい情報がしれっとチラシで配られたりもするので、チラシには必ず目を通すことをおススメします。

また無料で配布されている応募書類や職務経歴書の書き方についてまとめられた冊子は内容も簡潔でわかりやすく、転職活動ビギナーの方には一度は目を通して欲しいアイテム。

転職活動の経験者も忘れがちな応募書類や職務経歴書の基本をパッと思い出せるので、一冊持っていて損はないでしょう。

ハローワーク活用のまとめ

さて今回はハローワーク活用のポイントをざっくり3つに分けて説明してきました。

ハローワーク以外にも転職活動をサポートしてくれるサービスは色々ありますがそうしたサービスを利用しつつも、今回紹介したようなポイントを頭の隅においておくだけでも転職活動に幅が生まれるのではないかと思います。

それでは皆さんよい転職活動を。

うまく行かない時は目線を変えてみたら成功へ繋がる

私の前職は、調剤薬局での事務を約5年間していました。

薬局を退職後、ハローワークで就職活動を開始しましたが、今の会社に就職するまで半年かかりました。

資格だけではうまくいかなった転職活動

調剤事務の仕事は大好きで経験も5年あったので、就職活動は調剤事務限定で探していました。

調剤事務は資格が必要な職業ではないため、始めは経験があれば大丈夫と思っていましたが、現実はそんなに甘くありませんでした。

調剤事務の求人が出る度に、履歴書を送り数日後に不採用の通知が届くという日々が続きました。

せめて面接を受け、私の思いを伝える機会が欲しいと思っていましたが、書類選考を突破する事さえ出来ず、気づいたら12社連続書類選考だけで不採用となっていました。

今までの経験を自信とし、自分の好きな仕事に活かしたい気持ちで活動していましたが、日が経つにつれて自分は社会から必要とされていないのではないか、という気持ちになりました。

世間では、誰もが生き生きと働いていて、自分は世間から取り残されているような、日々追い込まれて行く現実に、どうして良いのか分からなくなりました。そして窮地に立った私は、一度自分を客観的に見直してみようと思いました。

自己分析の先にあったもの

どうして自分は調剤事務がしたいのか、絶対に調剤事務でないといけない理由があるのか、を考えてみました。

そうすると、ただ経験がある事に安心感があり、私にはその道しかないと自分で思い込んでいるだけのような気がしてきました。

自分の経験した知っている世界だけにとらわれず、ちょっと目線を変えてみたら、何かが変わるのではないか。

少しでも今の状況に何か変化があれば、一歩進めると思いました。

そこで振り返ってみると、学生の頃から、何か医療に携わる職業に就きたいと、その思いはずっと変わらずにありました。

医療に携わる職業なら、更に視野を広げて福祉の関係でも、携わる事が出来るならやってみたい、という考えになりました。

新しい分野への挑戦

そこから、福祉関係の仕事にも目を向けるようになり、今の会社に履歴書を送ったところ、面接へ進む事ができ採用となりました。

目線を変えてすぐの1社目で採用となり、自分でも驚きました。

自分の思い込みや違う世界へ飛び込む勇気が無く、視野が狭くなっていた事に、今思い返せば気づきますが、その時はなかなか気づけないものです。

行き詰まってしまった時は、一旦立ち止まる勇気を持ち、思い切って目線を変えてみたら、意外と成功へ繋がるのではないでしょうか。

予想外の結末、なんとも微妙な私の面接体験談

地方で急成長している企業に、転職サイトを通じて応募。

数日で連絡があり、面接に行くこととなったのですが、その転職活動で起こった少し変わった体験談を紹介します。

スムーズに進んだ面接・試験

面接時間は夜。予定より少し早く到着し、中に通され、実際に上司になるであろうかた2人と面接をしました。

聞かれた内容としては、

・過去の職業に関する内容と退職の理由

・仕事でのストレスに対してどう向き合うか

・コミュニケーションは得意か

・パソコンのスキルはどの程度か

というものでした。

何度も転職活動をしているため、面接自体はそれほど緊張もせずスムーズに進みました。

面接で退職理由を聞かれても、転職回数が多くても、まっとうな理由であればそれほどデメリットにはなりません。

きちんと説明できるかが重要だと思っています。

その面接でも特に問題なく進みました。

さらに実技試験もあったのですが、これも好成績でした。

企業側の感触も決して悪くなかったため、「これは採用だろう」と感じたのです。

手応えは感じたものの連絡なし

しかし予定の日が過ぎても、採用通知も不採用通知も届きません。

仕方なく他の企業の試験を受けながら待つこと数日。

さすがに返事が来ないのでおかしいと思い、受けた会社に連絡をしてみました。

するとやはり返事は不採用。

普通ならば不採用でも連絡はあるのに、と思いつつ他に受けている会社の手続きを進め始めたのです。当然ですよね。

ところが、そこからしばらくして、不採用になったはずの企業から連絡があったのです。

実は採用だった…でも…

「実は同じ名字の人がいて、不採用だったのは、その人だった。あなたは採用だった。可能であれば勤務して欲しい」

さすがにこれは今までに経験のないパターンでした。

面接時の手ごたえが大きかったので「採用だろう」と感じた勘は当たっていたわけです。

とても嬉しくは思ったのですが、こちらとしてはすでに不採用を前提に他の企業にアプローチをしているところでした。

条件的には他の企業のほうがよかったですし、名字違いくらいで大事な連絡を取り違えるという企業に少し不安を覚えたのも事実です。

しばらく調整はしてみましたが、なんとも判断しがたい進捗状況だったため、採用となった企業はお断りしてしまいました。

もしその間違いがなければ、きっとその企業で働いていたことでしょう。

不安があれば確認しよう

このケースで失敗したのは面接した側の企業ではあります。

しかし私も、もう少し早く確認をしていれば、別な企業にアプローチすることなく、そのまま入社を決めたかもしれません。

仕事も「縁」というものがあると感じるため、それほど後悔はしていないものの、なんとも微妙な面接の経験です。

人生における重要な決断である「転職」。成功はまず気持ちから。


約7年前になりますが、転職エージェント会社を利用して転職活動を行い、転職に無事成功した経験があります。

「アソウ・ヒューマニー・センター」というエージェントとの出会いにより自分の人生が大きく変わりました。ここではその経験を紹介します。

【出会うまでの経緯】

前職では給与未払いという仕打ちを受けた末の怒りの退職でありました。

理由としては十分ではありますが、妻も子供たちもいる状況で、次こそは何としてもいい会社に転職せねばならないというプレッシャーが大変ありました。

まずはハローワークへ

退職翌日からさっそくハローワークへ求人佐賀市に行きました。

しかし私が希望する職種はほとんどが書類選考によるものが多く、事前に履歴書・職務経歴書を送付するも落とされ続ける日々が続きました。

本当に落ち込み日々が続きましたが、応援してくれる妻や子供たちのためにもくじけるわけにはいきません。インターネットや相談窓口などでより効果的な書類作成の方法を学び、何度も応募する日々が続きました。

ふとした出会い

それから何度か面接に呼ばれることが多くなるも、なかなか採用には至りません。ハローワークの求人だけでは心もとないと思い始め、何か他に求人はないのかインターネットで検索し始めた時に「アソウ・ヒューマニー・センター」というエージェントが掲載する求人にメールにて応募しました。

すぐに条件に合う求人が見つかった

すると翌日には担当者から「ぜひ紹介したい求人案件があるので一度会社に来てほしい」との申し出がありました。私は藁にもすがる思いでこの話を受けました。

その翌日さっそく伺ってみると状況がよく理解できました。

私がメールを送った同じタイミングで、とある会社が「こういった経験がある人材を紹介してほしい」との依頼があり、その内容がまさに私の職歴とぴったりだったために、即面接を行いと判断したようなのです。

【面接までの準備】

さっそく数日後の面接に向けての準備が始まりました。そのエージェントの最大の利点は、事前に私の会社に対する要望などがしっかりと伝えられている点や、求人案件と会社の実態がマッチしているのか事前調査をしてくれるという安心感があるという点などさまざまでした。

的確な面接対策

そして面接対策も行ってくれましたが、何と言っても事前に会社にどういった人物像を望んでいるのかのリサーチをしており、その内容に即した面接対策を効果的に行ってくれるのです。

とにかくわたしもこれをきっかけに何としても採用を勝ちとりたい一心でした。

【面接当日】

当日は約束時間の一時間前には到着しました。担当者もその後やってきて面接会場へと向かいました。面接には社長と前任者が立ち会いました。その場ではそれまでの面接地策内容を活かしながら、自分のこれまでの職歴・経験そして思いなどすべて話しました。面接時間も約一時間半は超えていたと思います。

面接を終え、結果は後日ということになり、お礼をして退室しました。そして改めて担当者の方にもお礼を述べ、帰路につきました。

【いきなりの採用】

帰りの車の中では、まさに疲労困憊といった状態でした。そうとう緊張していたのでしょうか、終えたことによる緩和からどっと疲れが来ました。運転し始めて約20分ぐらいが経とうとしたときに電話が鳴りました。

相手担当者の方であり、お礼を述べた後に「先方が採用を伝えてきました。どうされますか?」といった確認でした。断る理由など一切ありません。即OKを伝え数日後から出社ということになりました。

帰り着いたらさっそく妻に報告しました。妻は涙目で喜んでくれましたが、本当に迷惑をかけてしまい申し訳なく思いました。

【最後に】

アソウ・ヒューマニー・センターさんとの偶然の出会いにより大きく人生が変わりましたが、一番思うことは逆境でもくじけず何とか打開策を模索しようとした気持ちの持ちようにあったと思います。

諦めていれば決して出会うことすらなかったでしょうし、ましてや採用などには決して至らなかったと思います。

転職は人生において大きな決断でありますし、不安も付きまとうものです。しかしどうか採用を勝ち取るためにも気持ちをしっかりと持ち続けてほしいと思います。